淡路

  • 印刷
初の女性そば打ち職人となった萩尾真希さん=そばカフェ生田村
拡大
初の女性そば打ち職人となった萩尾真希さん=そばカフェ生田村

 地元で栽培したそばをひきたて、打ちたてで提供する人気店「そばカフェ生田村」(兵庫県淡路市生田畑)に、初めての女性そば打ち職人が誕生した。近くに住む会社員萩尾真希さん(33)がボランティアで取り組む。萩尾さんは「職人と呼ばれるからには、いつも変わりない、しっかりとしたそばを打てるよう頑張りたい」と決意を固める。(内田世紀)

 南あわじ市出身の萩尾さんは2016年秋ごろ、生田出身の夫らと同カフェでそばを味わった。その際、カフェを運営する一般社団法人「生田村」の田村伊久男理事に誘われ、地域の主婦らが集まるそば打ち体験会に参加することに。「そば打ちよりも、地元の女性たちと交流したかった」と作業を楽しんだ。

 「職人になる気はなかった」と振り返るが、その後も月に数回の体験会に参加。「手芸など、物作りが得意」という素質もあってか、徐々にのめり込んだ。家族から「そばらしくなってきた」と褒められるとさらに没頭。「気が付けば体験が修業に変わっていた」と笑う。

 約1年半、先輩職人の指導を受け訓練を継続。時には一人で作業場にこもり、粉に加える水の量やそばを延ばす技術を研究した。努力と成長が認められ今年2月、晴れて職人デビュー。今後は月に1、2度の頻度で出勤し、そばを打つ。

 田村理事は「女性ならではの丁寧さがあり、真面目で堅実。後継者として大いに期待している」と高評価。萩尾さんは「風味の良い生田のそばを常に高い品質で提供できるよう、まだまだ修業に励みたい」と気を引き締める。

 営業は土、日曜、祝日の午前11時~午後3時。平日は団体予約のみ受け付ける。そばカフェ生田村TEL0799・70・1478

淡路の最新
もっと見る

天気(12月12日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 60%

  • 13℃
  • ---℃
  • 30%

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ