淡路

  • 印刷
2000年3月末で廃止されたまま放置されていた沼島のごみ焼却場=南あわじ市沼島
拡大
2000年3月末で廃止されたまま放置されていた沼島のごみ焼却場=南あわじ市沼島

 兵庫県南あわじ市は2018年度、同市の離島・沼島にあるごみ焼却施設を解体する。稼働していたのは11年間だけで、その後18年もの間そのまま放置されていた。解体には除染作業が必要で、工事には1億500万円の予算を付けている。(高田康夫)

 ごみ焼却場は1989年4月完成。日量3トンの焼却が可能で、沼島内のごみを処理していた。だが、2000年にダイオキシン対策法が施行され、安定した焼却が困難な中小規模の焼却炉が規制対象となったため、00年3月末に廃止された。

 その後、隣接地に「沼島リサイクルセンター」が設置され、当初は生ごみを堆肥化していたが、良い堆肥ができなかったため中止に。現在、沼島で出る可燃ごみは、市内他地域と同様に収集業者が集め、本島にある可燃ごみ焼却施設「やまなみ苑」で処分している。

 ただ、焼却場は使わなくなったまま解体もされず放置。山中にあるため跡地利用計画もなかったという。これまで手を付けなかった経緯について、同市環境課は「何かの邪魔になる場所でもなかったので、他のインフラ整備に力を入れるために後回しになったのだろう」としている。

 同市は解体工事を7月ごろに発注する予定で、18年度中の工事完了を目指す。

淡路の最新
もっと見る

天気(7月19日)

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

  • 39℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ