淡路

  • 印刷
新鮮な自家製牛乳を使ったジェラート店を開いた原さん夫妻(右)=南あわじ市志知鈩
拡大
新鮮な自家製牛乳を使ったジェラート店を開いた原さん夫妻(右)=南あわじ市志知鈩

 自らの牧場で生産する新鮮な牛乳を使ったジェラート店「ベルデ テネロ」が12日、兵庫県南あわじ市志知鈩にオープンした。鳴門オレンジやイチゴなど、淡路島の旬の果物を生かしたジェラートを提供する。

 開店したのは、同市志知口の酪農家、原護さん(36)とあゆみさん(36)夫妻。

 「シラギク牧場」を運営する原さんは祖父の代から続く酪農家で、10年前に跡を継いだ。飼料代の高騰などで酪農業界が苦境に立つ中、自慢の牛乳を消費者に届けようと商品の開発を模索した。

 一方、妻のあゆみさんは、南淡路農業改良普及センターが事務局を務める酪農家の女性グループ「ミルククラブ」に所属。各地への視察や実習を通して、牛乳の味を直接伝えることができ、幅広い食材との組み合わせが可能なジェラートに着目した。

 2年前には本場イタリアのボローニャで研修会に参加。糖の役割や配合する素材の割合などジェラート作りの「設計図」を学んだ。あゆみさんは「シラギク牧場の新鮮な牛乳を使って、ここにしかない味ができた」と手応えを話す。

 店名はイタリア語で「新緑」の意味。原さんは「新緑の時期は牧場が最も生き生きと輝く季節。そういう輝きを放ち、生命力にあふれるような店にしたい」と期待を込める。

 今後はイチジクなど季節に合わせて10種類ほどのジェラートを販売する予定。シングル320円、ダブル450円、トリプル590円。定休日は火曜で、営業時間は当面は午後1~7時(無くなり次第終了)。同店TEL0799・36・0648

(渡辺裕司)

淡路の最新
もっと見る

天気(5月22日)

  • 25℃
  • 17℃
  • 20%

  • 29℃
  • 11℃
  • 10%

  • 28℃
  • 16℃
  • 10%

  • 27℃
  • 15℃
  • 10%

お知らせ