淡路

  • 印刷
多彩なイベントが繰り広げられるパルシェ香りの館=淡路市尾崎
多彩なイベントが繰り広げられるパルシェ香りの館=淡路市尾崎

 ハーブを地域資源にまちづくりを進める自治体などが集う「全国ハーブサミット」の来年度大会が、2019年6月に兵庫県淡路市で開催されることが決まった。17日、同市役所で初の実行委員会が開かれ、テーマを「あわじ・ハーブと生きる島」とすることなどを決定。今後、ハーブにちなんだ商品開発やプレイベントなどを通じ、「香り」を中心とした地域の魅力を全国に発信する。(内田世紀)

 ハーブサミットは、全国の19自治体と企業など計25団体でつくる「全国ハーブサミット連絡協議会」が、相互交流と情報交換を目的に毎年持ち回りで開く。来年度は26回目で、淡路市は1998年の旧一宮町に続き2回目、県内では2005年の神戸市、10年の小野市に続き4回目となる。ハーブ関係者にとって国内最大のイベントで、小野市では1日で約1万人を動員したという。

淡路の最新
もっと見る

天気(6月23日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 60%

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

  • 25℃
  • ---℃
  • 70%

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ