淡路

  • 印刷
「おひるねアート」を楽しみながら会話が弾む母親たち=KEKKOI
拡大
「おひるねアート」を楽しみながら会話が弾む母親たち=KEKKOI

 兵庫県南あわじ市市円行寺の洋風創作うどん店「KEKKOI(ケッコイ)」が、毎週水曜日の営業を子連れや孫連れ、妊婦さんに限定にする「おやこKEKKOI」に取り組み、子育て中の母親から人気だ。子どもの泣き声を気にすることなくランチやスイーツを食べることができ、無料のワークショップも楽しめる。(高田康夫)

 KEKKOIオーナーの藤江明美さん(47)は元保育士。家に引きこもりがちになる育児中の母親らに楽しんでもらおうと、昨秋から始めた。当日は店内のテーブルの一部を移動させてマットを敷き、子どもたちが遊べるスペースを用意。離乳食の持ち込みやおむつ替え、授乳もできる。対象以外の客が来ても取り組みを説明して入店を断る徹底ぶりだ。

 食事やカフェの合間には、パステルアートや耳つぼリフレなどのワークショップも無料で開催。「おひるねアート」では、赤ちゃんが寝転ぶマットを飾り、かわいらしい写真を撮ることができて人気だ。

 同市内だけでなく洲本市や淡路市から訪れる母親もいる。藤江さんは「障害のある子どものお母さんたちも気軽に来てもらえれば」と呼び掛ける。

 おやこKEKKOIは毎週水曜日の午前11時~午後3時半(ラストオーダーは午後2時半)。同店TEL0799・20・4518

淡路の最新
もっと見る

天気(6月23日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 60%

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

  • 25℃
  • ---℃
  • 70%

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ