淡路

  • 印刷
広谷との準決勝で、満塁の好機に本塁封殺される津名少年野球クラブの選手ら=津名臨海運動公園
拡大
広谷との準決勝で、満塁の好機に本塁封殺される津名少年野球クラブの選手ら=津名臨海運動公園
悲願の初優勝を喜ぶ洲本ゴンターズナイン=津名臨海運動公園
拡大
悲願の初優勝を喜ぶ洲本ゴンターズナイン=津名臨海運動公園

 「阿久悠杯第11回瀬戸内少年野球選手権大会」(神戸新聞社主催)最終日、決勝で兵庫県養父市の広谷オリオンズを3-0で下し、悲願の初優勝を果たした洲本ゴンターズ。引き締まった好ゲームを制したナインは「これが自分たちの野球」と喜びを爆発させた。(内田世紀)

 洲本ゴンターズは0-0で迎えた四回、2死から久次米類斗選手、千葉功大選手の連打で一、三塁のチャンスをつくると打席には中野流嘉選手。「右方向への打撃を意識した」という打球は二塁手と右翼手の間に落ちる適時打となり、貴重な先制点をもぎとった。

 続く五回、先頭の中山湊斗選手が「強い打球を心掛けた」と振り抜いた打撃が遊撃手のエラーを誘い、ボールは無人の外野を転々。ダイヤモンドを1周し1点を追加した。さらに秦知也選手の二塁打などで二、三塁の好機をつくると、相手のバッテリーエラーで1点を挙げた。

 投げては先発の主将、森高祐吏投手が「制球が定まらなかったが、みんなが守って助けてくれた」という投球で六回まで無失点。七回は中山選手が登板し、完封リレーで広谷を退けた。森高主将は「しっかりと守ってリズムをつくる自分たちの野球ができた。優勝できて最高にうれしい」と喜んだ。

 準決勝で広谷と対戦した津名少年野球クラブは1点を追う四回、無死満塁の好機に投ゴロで三塁走者が本塁封殺されるなど、流れを引き寄せることができなかった。

淡路の最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 60%

  • 21℃
  • ---℃
  • 60%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ