淡路

  • 印刷
5月に生まれたオシドリのひな=淡路ファームパークイングランドの丘
拡大
5月に生まれたオシドリのひな=淡路ファームパークイングランドの丘

 兵庫県南あわじ市八木養宜上の「淡路ファームパーク・イングランドの丘」で5月、オシドリのひな8羽が生まれ、すくすくと成長している。小さく愛らしい姿で母鳥の後を追う赤ちゃんに、入場者の視線もくぎ付けだ。(高田康夫)

 同園では、2016年からオシドリの繁殖を開始。16年に3羽、17年にも3羽生まれ、今年は4月1~19日に産卵し、5月19日に8羽がふ化した。

 人間の“おしどり夫婦”とは違い、メスが産卵するとオスは見向きもしない。抱卵も子育ても母鳥「いろは」が続けている。いろはが餌を食べ始めると、ひなたちもまねして食べ、一緒に飼育されているクジャクがひなに近づくと威嚇して追い払い、小さな命を全力で守る。

 生まれたときは30グラムもなかったが、日に日に大きくなっている。1カ月を過ぎると親から離れ始め、40~45日で見た目は成鳥と変わらなくなる。いろはが安心して子育てできるようにと側面からサポートしている飼育員の舟木愛美さん(24)は「かわいらしいひなや、がんばっているいろはの姿を早めに見に来て」と呼び掛けている。

淡路の最新
もっと見る

天気(6月20日)

  • 25℃
  • 21℃
  • 80%

  • 26℃
  • 20℃
  • 80%

  • 24℃
  • 20℃
  • 90%

  • 26℃
  • 20℃
  • 80%

お知らせ