淡路

  • 印刷
松田哲也署長(右)から感謝状を受け取る花添智子さん=洲本署
拡大
松田哲也署長(右)から感謝状を受け取る花添智子さん=洲本署

 特殊詐欺被害を未然に防いだとして兵庫県警洲本署は25日、洲本市のコンビニ店「セブンイレブン洲本下加茂店」の従業員花添智子さん(37)に署長感謝状を贈った。

 花添さんは8日夕、同市内の40代の女性客が10万円相当の電子マネーを購入したのを不審に思い「詐欺じゃないですか」と声掛け。「インターネットの有料サイトの解約料を請求された」と話したため、オーナーに伝え同署に通報した。女性は別のコンビニでも高額の電子マネーを購入していたという。

 花添さんは「数千円単位で購入する客は多いが、あまりに高額だったのでおかしいと思った。今後も積極的に声を掛けたい」と話していた。

 同署管内では今年3件の特殊詐欺事件があり、被害額は計909万円。今春からは市内のコンビニに、電子マネー購入者に詐欺被害への注意を呼び掛ける包装袋を配布している。松田哲也署長は「被害者には10代や30代もおり、狙われるのは高齢者だけではない」と話している。(荒川克明)

淡路の最新
もっと見る

天気(6月20日)

  • 25℃
  • 21℃
  • 80%

  • 26℃
  • 20℃
  • 80%

  • 24℃
  • 20℃
  • 90%

  • 26℃
  • 20℃
  • 80%

お知らせ