淡路

  • 印刷
身近な木や土、淡路瓦を使って建築が進む「淡路島の家」と平松克啓さん=淡路市柳沢乙
身近な木や土、淡路瓦を使って建築が進む「淡路島の家」と平松克啓さん=淡路市柳沢乙

 兵庫県の淡路島の木材や土、瓦など地元産の素材を使った家づくりが、淡路市柳沢丁で進んでいる。建築事務所「ヒラマツグミ」(洲本市中川原町中川原)によるプロジェクト。「身近な素材で、その土地の特性を生かした家づくりを」と提案する。(渡辺裕司)

 同事務所の平松克啓さん(38)は淡路市出身。大阪の設計事務所勤務を経て、淡路島に帰郷した。島内で古民家改修を手掛ける中で、古民家がほとんど同じ構造である点に気付く。「その土地の材料を使って、その土地の気候に合った建物が、一番心地良い建物ではないか」と平松さん。「海外の材木や国内の銘木を使わなくても、身近な素材でいい家はできる」と考えるようになった。

淡路の最新
もっと見る

天気(12月11日)

  • 12℃
  • 5℃
  • 70%

  • 11℃
  • 2℃
  • 80%

  • 11℃
  • 3℃
  • 60%

  • 12℃
  • 3℃
  • 80%

お知らせ