淡路

  • 印刷
洲本市役所=洲本市本町3
拡大
洲本市役所=洲本市本町3

 兵庫県洲本市は28日、2016、17年度の後期高齢者の医療保険料などで課税ミスがあったと発表した。75歳以上の畜産農家ら計92人が対象で、市民の追加負担額は計約860万円になる。

 市によると、保険料の課税に用いる所得額に、「肉用牛の売却による所得額」が含まれていなかったり、免税対象外の所得が二重に含まれたりするケースがあった。また、一部負担割合の判定でも、同様の所得額が含まれていないケースがあり、本来は3割負担の人が1割負担となっていたという。これにより、差額の保険料などの負担額は1人当たり最大で64万円になった。二重に課税され7万円の還付を受けるケースもある。

 市によると、課税額を不審に思った職員が調べてミスが判明した。税情報システムのプログラム更新時に設定ミスがあったとみられる。29日から対象者全員を訪問し、謝罪と説明をする。市の担当者は「誠に申し訳ない。再発防止に努めたい」としている。

 問い合わせは同市保険医療課TEL0799・24・7609

(渡辺裕司)

淡路の最新
もっと見る

天気(10月16日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 30%

  • 23℃
  • ---℃
  • 30%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ