淡路

  • 印刷
3カ月間で約1万人の乗客が利用した昨年の社会実験=洲本港
拡大
3カ月間で約1万人の乗客が利用した昨年の社会実験=洲本港

 兵庫県洲本市の洲本港と大阪府岬町の深日港を結ぶ定期航路の復活に向け、洲本市と岬町は7月1日から8カ月間、両港を旅客船で運航する社会実験を行う。昨年の社会実験では自転車を載せて淡路島を訪れる人が多かったことから、より一層の需要拡大を目指すとともに、運航時期を延長して利用者のニーズを見極める。(渡辺裕司)

 淡路島と深日港を結ぶ航路は1949年に開設され多くの観光客らが利用した。しかし98年の明石海峡大橋開通によってバスや車が移動手段の主流になり、航路は99年に廃止された。

 航路復活で地域に活気を取り戻そうと昨年6月から、岬町が中心となって社会実験を実施。3カ月間で計1万600人が利用した。序盤は知名度不足もあって低迷したが、後半にかけて利用者数が伸び、とりわけ淡路島を訪れる自転車愛好家から根強い人気を得た。

 今年は「大阪湾をつなぐ!広域型サイクル・ツーリズム事業」と銘打って、自転車愛好家にアピール。年間を通して需要を把握するため、昨年より期間を延ばし、冬場も運航する。

 68人乗りの双胴船で1日4往復、8便を運行する。所要時間は片道約55分。料金は片道1500円(小学生500円、小学生未満無料)。搭載できるのはスポーツ自転車のみで、料金は300円(輪行バッグに入れると無料)。

 総事業費は1億円で、国の補助金を受けて実施。洲本市の負担は1200万円で、市は関連する補正予算案を市会6月定例会に提出する。

 市企画課の担当者は「サイクリストの受け入れ体制充実へ、民間の店舗などと連携していく。自転車人気の需要を取り込み、淡路島を訪れる人を増やしていきたい」としている。

 6月25日からインターネットと電話で乗船予約を受け付ける。同市企画課TEL0799・24・7614

淡路の最新
もっと見る

天気(8月19日)

  • 31℃
  • 23℃
  • 10%

  • 32℃
  • 18℃
  • 0%

  • 34℃
  • 24℃
  • 0%

  • 32℃
  • 21℃
  • 0%

お知らせ