淡路

  • 印刷
神話や神楽、地域の伝承を理解しようと太鼓を打ち鳴らす児童たち=一宮小学校
神話や神楽、地域の伝承を理解しようと太鼓を打ち鳴らす児童たち=一宮小学校

 兵庫県淡路市立一宮小学校の児童が、地域に根付く伝統芸能を学ぶ「太鼓・神楽クラブ」の本年度最初の活動が8日、同校であった。創設2年目の今年は4~6年生計13人が参加。日本の神話や神楽の発祥に理解を深め、伝承の祭り太鼓を打ち鳴らした。(内田世紀)

 子どもたちに古里の文化を継承し、地域の住民が2011年に創作した「国生み神楽」の演者育成につなげようと同校が昨年創部。1年目は、古事記の神話などを学び、オリジナル神楽の創作や発表に取り組んだ。

淡路の最新
もっと見る

天気(6月24日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ