淡路

  • 印刷
イラスト展を開いたちでまるさん=洲本市下加茂2
拡大
イラスト展を開いたちでまるさん=洲本市下加茂2

 兵庫県淡路市のマスコット「あわ神」ファミリーなど、数々のキャラクターの生みの親として知られるイラストレーター、ちでまるさん(57)=淡路市=の個展「わたしの今昔物語」が、洲本市下加茂2のカフェ「なごみ工房 笑む」で開かれている。ちでまるさんの初期の作品など12点が並ぶ。30日まで。

 漫画家を目指していたちでまるさんは、12年前に脱サラして本格的に絵を始め、2010年には考案した「あわ神」が淡路市のマスコットに選ばれた。ほかにも、洲本市社会福祉協議会のゆるキャラ「みっくマン」、淡路ワールドパークONOKOROのマスコット「おのりん」「ころりん」、南あわじ市灘地区のマスコット「おちょがんさん」など島内各地でキャラクターを多く生み出している。

 会場には、自宅近くの風景やイラストを始めたころの作品、月末の苦悩をコミカルに描いた「貧乏シリーズ」などを展示。同展期間中、カフェで開かれる義太夫節三味線奏者、鶴澤友球さんの浄瑠璃ライブ演目に合わせて描き下ろした新作も楽しめる。

 ちでまるさんは「イラストレーターとして認めてもらいたいという当時の思いが詰まった作品。原点を知ってもらえたら」と話す。

 無料。日、月曜定休、金、土曜不定休。火~木曜は午前11時半~午後6時。同店の増田さんTEL090・7108・9363

(赤松沙和)

淡路の最新
もっと見る

天気(6月23日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 60%

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

  • 25℃
  • ---℃
  • 70%

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ