淡路

  • 印刷
門康彦淡路市長(後列右)と病院関係者らに祝福される傳佐葵さん(中央)と長女の愛歌ちゃん=聖隷淡路病院
門康彦淡路市長(後列右)と病院関係者らに祝福される傳佐葵さん(中央)と長女の愛歌ちゃん=聖隷淡路病院

 兵庫県淡路市初の出産ができる病院として2014年4月に開院した聖隷淡路病院(同市夢舞台)で、400人目となる赤ちゃんが生まれた。西宮市門戸西町の会社員、傳佐将生さん(24)と妻で保育士の葵さん(22)の長女愛歌ちゃんで、5日夜に誕生。11日には門康彦市長が病院を訪れ、花束を贈って祝福した。

 同市では1987年に旧津名町の病院で赤ちゃんが誕生したのを最後に、お産ができる病院がなくなった。そのため、市が同市岩屋にあった聖隷淡路病院に産科の設置を要望。花博跡地に新病棟を誘致した。

淡路の最新
もっと見る

天気(12月11日)

  • 12℃
  • 5℃
  • 70%

  • 11℃
  • 2℃
  • 80%

  • 11℃
  • 3℃
  • 60%

  • 12℃
  • 3℃
  • 80%

お知らせ