淡路

  • 印刷
今にも襲いかかってきそうな「スーパーモンスターウルフ」。農作物を守る切り札となるか=淡路市役所
拡大
今にも襲いかかってきそうな「スーパーモンスターウルフ」。農作物を守る切り札となるか=淡路市役所

 兵庫県淡路市は、農業に被害をもたらす有害鳥獣対策としてオオカミ型ロボット「スーパーモンスターウルフ」の導入を検討する。リアルな外観に加え、音と光でイノシシやシカを撃退。現在市役所本庁舎に実物を展示中で、関係者は「農作物を守る切り札に」と期待を寄せる。(内田世紀)

 スーパーモンスターウルフは、北海道奈井江町の機械部品加工「太田精機」が北海道大、東京農大と共同開発。体長65センチ、高さ50センチで、野生動物をセンサーで感知すると、首を振り光を放つ。オオカミの鳴き声など50種以上の威嚇音は、1~2キロ先まで到達する。

 現在、関東を中心に28台が設置され、効果が確認されているという。多くのメディアに取り上げられ全国で注目を集めるが、関西では今回が初のお目見えとなる。

 15日、市会6月定例会で一般質問があり、市議が「展示中のウルフの活用法は」と質問。市は「防護柵と捕獲が対策の両輪」とした上で、「有害鳥獣対策協議会でウルフの使用を検討する。実証実験で効果が確認できれば、導入に向けた予算措置も考える」と前向きな姿勢を示した。

 太田精機の太田裕治代表(59)は神戸新聞社の取材に「ばかばかしいと言われたこともあったが、最近は自信を深めている。まずは効果を確かめて」とアピール。市担当者は「2016年度の被害額は約1200万円。リースなら1体月2万円ほどなので、試す価値はあるのでは」と話す。

淡路の最新
もっと見る

天気(12月10日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 8℃
  • ---℃
  • 40%

  • 10℃
  • ---℃
  • 0%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ