淡路

  • 印刷
製麺所を巡るスタンプラリーを企画する南あわじ市地域おこし協力隊の黒川香苗さん(左)と淡路手延素麺協同組合の森崎達也さん=南あわじ市福良乙、森崎製麺所
拡大
製麺所を巡るスタンプラリーを企画する南あわじ市地域おこし協力隊の黒川香苗さん(左)と淡路手延素麺協同組合の森崎達也さん=南あわじ市福良乙、森崎製麺所

 兵庫県南あわじ市の地場産業、手延べそうめんの製麺所をレンタサイクルで巡るスタンプラリー「淡路手延素麺製麺所巡り」が、「そうめんの日」の7月7日から、同市福良地区で始まる。観潮船乗り場を訪れる観光客に福良の街中を巡ってもらう初めての試みで、特産品のおいしさとともに、街の魅力を知ってもらう。(高田康夫)

 同市地域おこし協力隊の黒川香苗さん(34)が企画し、淡路手延素麺協同組合などが協力。そうめん作りは江戸時代後半、奈良県三輪地方から伝わり、福良地区には13の製麺所が密集している。普段観光客が訪れることは少ないが、各製麺所では直接購入することもできるという。

 スタンプラリーに参加するには、道の駅福良にある南あわじ観光案内所で自転車を借りる(1日500円)。今回協力する製麺所5軒のうち3軒を自転車で回ってスタンプを押す。製麺所によってはそうめん作りへのこだわりを聞かせてくれるところもある。スタンプを集めて「喫茶はっぴぃ」を訪れれば、手延べそうめんがプレゼントされる。同喫茶店では冷やしそうめんも有料で提供する予定だ。

 同組合企画部の森崎達也さん(48)は「街中には製麺所だけでなく、おいしいちりめんや鮮魚を買える店もある。福良の穴場を楽しんでほしい」と期待する。

 スタンプラリーは7月7、21日、8月11、25日の午前9時~午後4時半。台紙は南あわじ観光案内所前で配布している。

 また、7月1日正午~午後4時にも、古民家「のびのび日和」(同市阿万西町230)で、そうめんの振る舞いや、創作そうめんの販売などがある。

 同市商工観光課TEL0799・43・5221

淡路の最新
もっと見る

天気(9月26日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 30%

  • 24℃
  • ---℃
  • 40%

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

  • 25℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ