淡路

  • 印刷
ほんのり色づき食べ頃のミカンを採る子ども=洲本市宇山
拡大
ほんのり色づき食べ頃のミカンを採る子ども=洲本市宇山

 もぎたての秋の味覚を楽しめるミカン狩り・レモン狩りが、兵庫県洲本市宇山の平岡農園で始まった。12月上旬まで、自然の中でおいしく育ったフレッシュな果実を味わえる。(赤松沙和)

 同園は、約60年前に観光農園として開業。今年3月には、需要が増えているというレモンのために畑を約1ヘクタール拡大し、計約6ヘクタールでミカンとレモンの木約8千本を栽培している。

 現在は、極早生品種のミカン「日南」がほんのり黄色に色づき食べ頃。今月下旬ごろからは、酸味と味の濃さが特徴の温州ミカンの代表的品種「宮川早生」が旬を迎えるという。

 同園の男性(70)は「台風が心配だったが、今年は豊作で例年より熟すのが早く品質もいい。気に入った木を選んで、もぎたての甘酸っぱい果実を味わって」と話す。

 12月5日まで。期間中無休。午前9時~午後5時。ミカン狩りは中学生以上900円、小学生650円、3~5歳450円。園内では食べ放題で、持ち帰りは量り売り。レモン狩りは一律900円(6個持ち帰り)。同園TEL0799・22・2729

淡路の最新
もっと見る

天気(9月18日)

  • 30℃
  • 24℃
  • 20%

  • 28℃
  • 21℃
  • 20%

  • 29℃
  • 24℃
  • 20%

  • 28℃
  • 23℃
  • 30%

お知らせ