淡路

  • 印刷
門康彦淡路市長に喜びを報告した池田美津紀さん=淡路市役所
拡大
門康彦淡路市長に喜びを報告した池田美津紀さん=淡路市役所
グランプリに輝いた作品「レモンスカッシュ」(池田さん提供)
拡大
グランプリに輝いた作品「レモンスカッシュ」(池田さん提供)

 「第12回全日本ヘアメイク選手権」(9月20日=川崎市)の一般フォト部門で、兵庫県淡路市のヘアメークアップアーティスト池田美津紀さん(48)が最高賞のグランプリに輝いた。30代後半でヘアメークを学び始め、約10年での快挙。池田さんは10日、淡路市役所を訪れ門康彦市長に喜びを報告した。(内田世紀)

 池田さんは同市富島出身。子育てが一段落した頃、長女の「次はママの夢を実現して」の言葉に一念発起。「人生は一度きり」と学校へ通い、資格を取得した。4年前には、同市志筑に美容サロン「Impact.Labo」をオープンさせた。

 同選手権は「JMA日本メイクアップ技術検定協会」が毎年開催する。同部門は、メークを施したモデルの写真でエントリー。プロ、アマを問わず、全国から多数の応募があるという。

 作品の課題は「ドリンク」。池田さんは「幼い頃に飲んだ刺激と味が忘れられない」とレモンスカッシュをテーマに選んだ。はじける炭酸の気泡をパーツやメークで表現。黄色い衣装を自作し、髪にはレモンやライム、ストローなどをあしらった。モデルは長女の友人が務め、約4時間かけてエステやメーク、撮影を行った。

 報告会では、「グランプリの知らせに長女が泣いて喜んでくれた」と池田さん。門市長から「活躍は島民の誇り」と祝福されると「メークは人に自信を与える。受賞は本当にうれしい」と笑顔で応じていた。

淡路の最新
もっと見る

天気(10月18日)

  • 23℃
  • 17℃
  • 10%

  • 22℃
  • 13℃
  • 50%

  • 24℃
  • 16℃
  • 10%

  • 23℃
  • 14℃
  • 10%

お知らせ