淡路

  • 印刷
飛行犬カレンダーを手にする的場信幸さん=南あわじ市伊加利
拡大
飛行犬カレンダーを手にする的場信幸さん=南あわじ市伊加利

 兵庫県南あわじ市の写真家、的場信幸さん(58)が撮影した「飛行犬」の2019年カレンダーが販売されている。戌年の今年は、雑誌やテレビの取材、撮影に大忙しで、カレンダーも3年ぶりに商品化された。

 走っている犬を連写し、飛んでいるように見せる飛行犬。的場さんらが2005年に命名し、09年に商標登録した。今年は、雑誌やテレビに取り上げられた影響か、関東、関西合わせて例年を上回る4千匹ほどを撮影したという。

 カレンダーは、同市伊加利の南あわじドッグラン・飛行犬撮影所などで撮影された写真を使用。かわいらしい日本スピッツや柴犬が宙を舞う。的場さんは「ワンちゃんが生き生き飛ぶ写真で、来年も飛躍の年にして」と話す。

 緑書房から発売。920円(税別)。全国の書店やインターネットで買うことができる。(高田康夫)