淡路

  • 印刷
移転して新しくなった洲本観光案内所=洲本市港
拡大
移転して新しくなった洲本観光案内所=洲本市港

 淡路島観光協会(樫本文昭会長)の洲本観光案内所(兵庫県洲本市)がこのほど、新装オープンした。これまで洲本高速バスセンター内の奥まった場所にあり、観光客に分かりにくかったが、同センターの正面入り口付近へ移り、淡路島観光の情報発信と案内拠点としての機能を強める。(荒川克明)

 元の観光案内所は、洲本市観光協会時代だった1999年4月に設けられ、宿泊施設や観光名所などを案内。地図やパンフレットなども置いて観光客に対応してきた。

 しかし、バスで来島した観光客が同センターを訪れても、案内所がチケットカウンターなどより奥に位置していたため、利用されにくい状況だった。

 今回、入り口付近の飲食店が閉店し、空きスペースができたため移転を決定。これまでの案内所も事務所として使用するため実質的な広さは2倍の約60平方メートルとなる。洲本市から同協会が借り受け、総工費は120万円。

 新たな案内所は窓口を広く取って明るい雰囲気に生まれ変わった。無休で午前9時~午後5時までスタッフが常駐し、当日の宿探しやレンタルサイクルの貸し出しなどにも応じる。

 同協会は淡路島への公共交通アクセスとして、今後も高速バスの役割が重要になるとみており、玄関口に当たる案内所の機能強化と業務の充実を図る方針。「1日に30~50人の利用があるが、外国人観光客が窓口を訪れない日はない。多言語化にも力を入れたい」としている。

淡路の最新
もっと見る

天気(12月14日)

  • 10℃
  • 6℃
  • 20%

  • 6℃
  • 3℃
  • 80%

  • 10℃
  • 6℃
  • 10%

  • 9℃
  • 4℃
  • 40%

お知らせ