淡路

  • 印刷
運行を始めた洲本市探検タクシー(淡路島観光協会提供)
拡大
運行を始めた洲本市探検タクシー(淡路島観光協会提供)

 高速バスや航路で淡路島を訪れた観光客に兵庫県洲本市内の観光地を手軽に巡ってもらおうと、淡路島観光協会は、洲本高速バスセンターと洲本港を発着点に、観光名所を定額で往復する「洲本市探検タクシー」の運行を始めた。(荒川克明)

 淡路島では公共交通で島に到着した観光客が、目的地へ移動する2次交通の手段が課題になっている。今回、市内のタクシー会社4社が協力し、同市から300万円の補助を受けて来年3月末まで社会実験として実施する。

 行き先は、洲本城(2千円)▽先山千光寺(4千円)▽鮎屋の滝(同)▽生石公園(6千円)▽立川水仙郷(7千円、入場券付き)▽モンキーセンター(1万円、同)-の6カ所。現地の滞在時間は1時間以内を想定する。

 午前9時~午後3時まで、同バスセンター内にある洲本観光案内所や、洲本港の深日・洲本ライナー発券所でチケットを販売する。

 8日からは、土日祝日に乗り合い方式で洲本城と先山千光寺へ向かう定期便も運行する。午前9時半と午後0時半発の2便で、料金は洲本城が1人500円、先山千光寺が同2000円(お土産付き)。こちらも現地滞在は1時間。

 同協会は実験期間中、最大200台の利用を目標にしており「個人旅行者が使いやすいよう通常運賃より3割ほど安く設定した。洲本市内の周遊性向上と観光客の滞在を促進させたい」としている。同協会TEL0799・25・5820

淡路の最新
もっと見る

天気(12月14日)

  • 10℃
  • 6℃
  • 20%

  • 6℃
  • 3℃
  • 80%

  • 10℃
  • 6℃
  • 10%

  • 9℃
  • 4℃
  • 40%

お知らせ