淡路

  • 印刷
近畿高校柔道新人大会に出場する蒼開高校柔道部のメンバー=蒼開高校
拡大
近畿高校柔道新人大会に出場する蒼開高校柔道部のメンバー=蒼開高校

 「第60回近畿高校柔道新人大会」(2019年2月2、3日=京都市武道センター)に、蒼開高校(兵庫県洲本市)柔道部の男女団体チームがアベック出場する。同部の奈木佑次顧問は「柳学園時代を含め、男女とも近畿出場は恐らく初だろう」と話し、メンバーも「出場だけで喜んではいられない。一つでも多く勝つ」と力を込める。(内田世紀)

 校名を柳学園から蒼開に変更して1年目での快挙。11月16、17日に高砂市であった「第67回県高校新人柔道大会」で、男女とも9位となり、近畿出場枠10校に入った。

 県大会は男子が約60校、女子は約30校がトーナメントで対戦。男子は2戦目で、女子は初戦で敗れ敗者復活トーナメントに回ったが、いずれも連勝で近畿への切符を手にした。奈木さんは「基礎体力の強化や技の反復練習を徹底した。力強い柔道ができるようになってきた」と目を細める。

 近畿大会は男女ともに44校が出場する。同部の主将で大将の2年田村颯一朗さん(17)は「夏のインターハイ予選で敗れた悔しさから、近畿出場を最低ラインに練習してきた。支えてくれる先生や家族に恩返しができるよう頑張る」と引き締まった表情。女子団体大将の1年久保田祐菜さん(16)は「相手のレベルも上がり厳しい戦いになるが、自分たちの納得する試合をしたい」と健闘を誓う。

淡路の最新
もっと見る

天気(8月24日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ