淡路

  • 印刷
新しい施設で英語の歌を披露する子どもたち=南あわじ市市福永
拡大
新しい施設で英語の歌を披露する子どもたち=南あわじ市市福永

 南あわじ市立市小学校(兵庫県)に隣接する敷地に、新たに市学童保育所が完成し、22日にオープニングセレモニーがあった。学童保育に通う児童や保護者が参加し、来年1月4日から子どもらが使う施設を見学した。

 同市全体では児童数が減る一方、市中心部の市小学校では増え続け、来年度は20人増加の見込みという。それに伴い学童保育の児童も増え、現在は1~5年生57人が通う。これまで空き教室を使っていたが手狭になったため、隣接する敷地に鉄骨平屋建て160平方メートルの専用施設を建てた。費用は総額4700万円。

 セレモニーでは、学童保育で英語遊びをしている児童らが歌を披露。施設には英語に慣れ親しんでもらう工夫として、「class room」「care room」などの表記もある。1年生の男児(7)は「きれいでうれしい」と笑顔だった。

(高田康夫)

淡路の最新
もっと見る

天気(6月17日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ