淡路

  • 印刷
神前に手を合わせ合格を祈願する受験生ら=河上神社天満宮
拡大
神前に手を合わせ合格を祈願する受験生ら=河上神社天満宮

 学問の神様・菅原道真公をまつる兵庫県洲本市五色町鮎原南谷、河上神社天満宮で2日、恒例の合格祈願祭があった。高校や大学などの受験を間近に控えた40人と保護者らが志望校合格を願い祈りをささげた。

 同神社が毎年実施する神事。祈願祭では、山口千秋宮司の祝詞奏上に続き、地元の小学生がみこを務め神楽を奉納。受験生一人一人が玉ぐしを奉納し合格を祈願した。

 境内では地元の住民グループ「鮎原活性化委員会」(花岡幸男会長)による、地元産の白米に古代米などをブレンドした「合格祈願米」のおかゆの振る舞いもあり、受験生らは冷えた体を温めていた。

 高校を受験する五色中3年の男子生徒(14)は「志望校に合格して野球を頑張る」。同中3年の女子生徒(15)は「合格したら勉強を頑張って教諭を目指したい」と話していた。(内田世紀)

淡路の最新
もっと見る

天気(3月24日)

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 11℃
  • 3℃
  • 60%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 13℃
  • 3℃
  • 30%

お知らせ