淡路

  • 印刷
さまざまな作品が並ぶ展示会場=県立淡路文化会館
拡大
さまざまな作品が並ぶ展示会場=県立淡路文化会館

 淡路島内の芸術家ら17人でつくる「十の会」のメンバーによる「十の会 淡路文化会館展」が5日、兵庫県淡路市多賀の県立淡路文化会館で始まった。幅2メートル近くある大きな絵画や書、立体作品など計24点が並ぶ。18日まで。入場無料。

 十の会は1985年に結成。毎年1月ごろに淡路文化会館で大作展を開いている。今年はメンバー13人が出展した。淡路交通のバスと女子高校生など日常の風景の中にシロクマがいる不思議な絵や、混とんとした自分自身を描いた作品などが並ぶ。展示会場の真ん中には、立てたり倒したりした椅子を並べたインスタレーション作品もある。

 メンバーらは「淡路ではなかなか見ることができない迫力のある作品が多いので見に来て」と呼び掛けている。

 午前10時~午後5時(18日は午後4時まで)。(高田康夫)

淡路の最新
もっと見る

天気(1月19日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ