淡路

  • 印刷
古式ゆかしく矢を放ち、安全と豊作を祈願する町内会役員=金山比古神社
拡大
古式ゆかしく矢を放ち、安全と豊作を祈願する町内会役員=金山比古神社

 500年以上続くという新年の伝統行事「的矢神事」が8日、兵庫県淡路市長沢の金山比古神社(平田滋宮司)であった。地域住民らが古式ゆかしく矢を放ち、1年の安全や五穀豊穣を祈った。

 神聖な力が宿るとされる矢を放つことで、厄災をはらい農作物の豊凶を占った神事が起源とされる。同神社では毎年1月8日に行う。

 烏帽子に直垂姿の町内会役員4人と神職、地域住民が本殿に集まり、豊作や家内安全を神事で祈願。その後、境内につくられた弓場で慣れない弓の扱いに苦労しながら、約10メートル離れた的を目がけて次々に矢を放った。役員に続き宮司や地域住民らも挑戦。矢が的の中心近くを射ると「うまい」と拍手が送られた。

 長沢町内会の柿原輝雄会長(69)は「なかなか真ん中に当たらず苦労した。1年間、町内が安泰であることを願っている」と話していた。(内田世紀)

淡路の最新
もっと見る

天気(1月19日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ