淡路

  • 印刷
寺の雰囲気と調和する、しっとりとした色彩のクリスマスローズ=極楽寺
拡大
寺の雰囲気と調和する、しっとりとした色彩のクリスマスローズ=極楽寺

 寺のしっとりとした雰囲気と調和するクリスマスローズの花が、兵庫県洲本市五色町鳥飼中の極楽寺で展示されている。うつむいて咲くかれんな姿が境内を訪れる人の目を楽しませる。3月2、3日には花にちなんだ多彩なイベントが開かれる。(内田世紀)

 同寺は、花を愛した三木眞全前住職が、大切に育てたハナショウブを境内に飾ったことから「花の寺」と呼ばれるように。三木住職が2014年に亡くなった後は、妻の啓子さんが毎年、クリスマスローズを飾り、イベントを開く。

 花弁が5枚の「シングル」や八重咲きの「ダブル」、初展示となる赤みの濃い「氷の薔薇」など、多彩な品種の約200鉢が並ぶ。

 イベントは、境内や駐車場で開催。花の苗や園芸グッズの販売のほか、天然酵母のパンなどのグルメコーナー、抹茶の接待などがある。啓子さんは「近くにオープンしたカフェとも連携し、花やグルメを楽しむストリートのような催しにしたい」と話す。

 展示は3月10日まで。イベントは両日とも午前10時~午後4時。極楽寺TEL0799・34・0417

淡路の最新
もっと見る

天気(4月25日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 20℃
  • ---℃
  • 40%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ