淡路

  • 印刷
谷内祐樹住職から祈祷を受ける雌牛=覚王寺
拡大
谷内祐樹住職から祈祷を受ける雌牛=覚王寺

 「牛寄せ」の呼び名で知られる「牛馬安全祈祷会」が28日、兵庫県淡路市下司の覚王寺であった。畜産農家ら約60人と牛11頭が参拝。牛の健康と繁殖の無事を祈願した。

 江戸時代から続くとされる伝統行事。同寺の本尊「大日如来」が牛馬の安全をつかさどるため、畜産農家らから信仰を集めている。

 牛とともに参拝する風習は1960年代にいったん途絶えたが、2001年の牛海綿状脳症(BSE)騒動で打撃を受けた業界を活気付けようと02年に復活した。

 祈祷会では、谷内祐樹住職が昨年生まれた繁殖雌牛の頭に経文をかざし、錫杖を振りながら1頭ずつ健康と安産を祈願。雌牛「やすえ」と参拝した男性(52)=同市=は「すくすく育って元気な子どもを産んでほしい」と話していた。(内田世紀)

淡路の最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ