淡路

  • 印刷
タマネギの収穫を体験する子どもたち=南あわじ市阿万吹上町
拡大
タマネギの収穫を体験する子どもたち=南あわじ市阿万吹上町
採れたてのタマネギを調理する親子=国立淡路青少年交流の家
拡大
採れたてのタマネギを調理する親子=国立淡路青少年交流の家

 宿泊体験で家族の絆を深める「親子ちゃれんじ」が4日、国立淡路青少年交流の家(兵庫県南あわじ市阿万塩屋町)であり、島内外から集まった親子が新タマネギの収穫体験や野外クッキングに挑戦した。(赤松沙和)

 1泊2日の日程でさまざまな体験が楽しめる同施設の人気企画で、本年度の1回目。島内外の22家族78人が参加した。

 1日目のこの日は、近くの農家阿部雅一さん(70)の約2400平方メートルの畑の一部で、新タマネギの収穫に挑戦。雲一つない青空の下、親子は畑にずらりと並んだ大玉を次々と引き抜き、葉と根をハサミで切り落とした。その場で試食した新鮮なタマネギスライスは、「甘くておいしい」と子どもたちにも好評だった。

 タマネギはそのまま野外で調理し、素材の味を生かしたスープや丸焼きに。子どもたちは包丁の使い方を教わりながら野菜を切ったり、たき火の火加減を見たりして料理を完成させ、うれしそうに頬張っていた。

 淡路市立中田小1年の女児(6)は「大きいタマネギがいっぱい取れて楽しかった」と笑顔。母親は「親子でゆっくり楽しめて、いい思い出になった」と話した。

 2日目は、タマネギの皮を使った「玉ねぎ染め」にも挑戦する。

淡路の最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ