淡路

  • 印刷
風がやむと茂みから出てきて飛び回ったホタルの光跡=南あわじ市八木馬回
拡大
風がやむと茂みから出てきて飛び回ったホタルの光跡=南あわじ市八木馬回

 兵庫県南あわじ市八木馬回の成相ダム上流で、ホタルが舞っている。幼虫を放流している三原中学校理科部は13日夜、恒例の観賞会を開き、保護者らとともに優雅な光を楽しんだ。

 同部は毎年、ホタルを人工飼育しており、昨年は10~11月に幼虫253匹を放流した。成長したホタルを一目見ようと、部員や同級生、保護者ら約80人が観賞会に参加した。

 今年は6月上旬から多くのホタルが飛び回っている。この日は風が強く、気温も低かったため、茂みの中からあまり出てこなかったが、時折風が止まって暗闇の中を光が舞うと、生徒らは幻想的な様子に歓声を上げていた。(高田康夫)

淡路の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 70%

  • 21℃
  • ---℃
  • 50%

  • 24℃
  • ---℃
  • 80%

  • 24℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ