淡路

  • 印刷
「外町」の魅力が詰まった冊子=洲本市本町4
拡大
「外町」の魅力が詰まった冊子=洲本市本町4

 兵庫県洲本市の中心市街地に位置する「外町」。その魅力や歴史を伝える冊子を、商店街や老人クラブ、婦人会などでつくる「洲本外町地域まちなか再生協議会」が創刊した。昨年5月から定期的に会合を開き、住民らが意見を出し合う中で生まれた冊子で、町の写真屋さん一家や、城下町の歴史を詳しく紹介している。同協議会は18日夜の会合で冊子を配り、新たな活性化のアイデアを募る予定で、幅広く参加を呼び掛けている。(上田勇紀)

 外町は城下町として栄え、堀端筋や塩屋筋など多くの商店街が連なる地域。現在の住所では洲本市本町5~8丁目、山手3丁目、栄町2~4丁目に当たる。中心市街地として淡路島中から人が集まり、活気にあふれたが、近年は人口減少と少子高齢化が激しい。

 活気を呼び込もうと昨年5月に同協議会が発足。県のモデル事業に選ばれ、昨年度から5年間、行政の補助を受けてさまざまなプロジェクトを展開する。今回の冊子も、その一つ「リトルプレス部会」が作り上げた。外町で80年以上続く写真屋さん一家のインタビュー記事や、洲本城下町の絵図を交えた逸話を特集。巻末には散策マップもあり、市外、島外の人も楽しみやすい内容に仕上げた。今後も年1回ほどのペースで続編を発行していく。

 18日午後7時からは、洲本市本町4の洲本商工会議所1階大ホールAで、19年度の事業などを伝える会合を開く。各プロジェクトの参加者や、新しいアイデアを持つ人も歓迎する。

 「外町に興味を持ってもらい、町を舞台にして思いを表現・実現できる場をつくっていきたい」と、同協議会の坂本昌文会長(58)。会合には申し込み不要で参加できる。冊子は同会議所などで手に入る。同会議所TEL0799・22・2571

淡路の最新
もっと見る

天気(7月23日)

  • 31℃
  • 25℃
  • 30%

  • 32℃
  • 24℃
  • 30%

  • 31℃
  • 25℃
  • 40%

  • 31℃
  • 24℃
  • 30%

お知らせ