淡路

  • 印刷
作品展を開いた南智代さん(右)と菅沼ひろ美さん=洲本市下加茂2
拡大
作品展を開いた南智代さん(右)と菅沼ひろ美さん=洲本市下加茂2

 木の板に打ったくぎにカラフルな糸を順番にかけて模様を描き出す「糸かけ曼荼羅」の作品展が、兵庫県洲本市下加茂2のカフェ「なごみ工房 笑む」で開かれている。南智代さん(49)=南あわじ市=と菅沼ひろ美さん(41)=洲本市=による幻想的な作品約30点が楽しめる。6月末まで。

 2人が糸かけ曼荼羅を始めたのは2017年の冬。友人の娘に習い始めた南さんが、一緒に楽しもうと菅沼さんを誘った。

 作品は、作りたい図形や模様をイメージして打ったくぎに、80~100色の中から選んだ糸を組み合わせてかけていく。2人は「制作中は自分と向き合える時間。出来上がった作品の色使いや達成感が楽しい」と声をそろえる。

 会場には、「流れ星」や「花火」などをテーマに繊細で色鮮やかな作品が並び、なかには南さんの夫文章さんによる流木アートとのコラボ作品も。2人は「見た人が癒やされて、一緒にやりたいと思ってもらえれば」と話す。

 無料。日、月曜定休、金、土曜不定休。火-木曜は午前11時半~午後6時。19、25日午後1~5時にはワークショップもある(先着順で、費用は1200~2000円)。(赤松沙和)

淡路の最新
もっと見る

天気(9月18日)

  • 30℃
  • 24℃
  • 20%

  • 28℃
  • 21℃
  • 20%

  • 29℃
  • 24℃
  • 20%

  • 28℃
  • 23℃
  • 30%

お知らせ