淡路

  • 印刷
大輪の花が目を引く「ホワイトアイズ」=国営明石海峡公園
拡大
大輪の花が目を引く「ホワイトアイズ」=国営明石海峡公園

 色鮮やかで凜とした立ち姿のユリが、兵庫県淡路市の国営明石海峡公園で見頃を迎えている。白、赤、オレンジ色などの35品種約1万2千株が咲き誇る。

 ユリは同園中央付近の「花の谷」周辺に点在して植えられ、7月中旬にかけて順次開花する。背が高く八重咲きの大きな白い花弁が特徴のホワイトアイズや、ふわりと甘い香りを漂わせるカサブランカなど、園路を散策しながらさまざまな花を楽しめる。

 アジサイも順に見頃を迎えており、白やピンク、青色などの16品種約1万4千株が、7月上旬頃まで園内を彩る。22、23日はアジサイのアレンジメントやラベンダーの香り袋を作るクラフト教室(有料)がある。

 午前9時半~午後6時。入園料は大人450円、65歳以上210円、中学生以下無料。同公園管理センターTEL0799・22・2000

(吉田みなみ)

淡路の最新
もっと見る

天気(9月17日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ