淡路

  • 印刷
27年連続で島内最高価格となった「いわた通り」=洲本市栄町2
拡大
27年連続で島内最高価格となった「いわた通り」=洲本市栄町2

 国税庁が1日発表した2019年の路線価で、兵庫県淡路島内の最高価格は27年連続で洲本市栄町2の「いわた通り」だった。価格は1平方メートル当たり10万円で、昨年同様、県内全21税務署管内の最高価格地点の中で14位。下落率は前年比4・8パーセントで、和田山税務署管内(朝来市)に次いで2番目に大きかった。

 いわた通りは、イオン洲本店南側の「栄町2丁目交差点」と「栄町2丁目東交差点」を結ぶ約180メートルの区間。洲本市の中心市街地にあり、付近には市役所や病院などの公共施設も集まっている。

 1993年から島内最高の路線価を維持するものの下落傾向が続き、1平方メートル当たりの価格は同年の37万円の3割以下に落ち込んだ。17年は横ばいだったが、昨年に続き2年連続の下落となった。神戸税務署は「地域経済の低迷や人口減、高齢化の進行が下落の要因」とする。(赤松沙和)

淡路の最新
もっと見る

天気(8月23日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ