淡路

  • 印刷
手術の後のおじいちゃんを描いて最優秀賞に輝いた池本風和さん=南あわじ市役所
手術の後のおじいちゃんを描いて最優秀賞に輝いた池本風和さん=南あわじ市役所

 夏休みの思い出などをテーマに全国の小中学生から6万1308点の作品が集まった「第19回ふるさとのお盆の思い出絵画コンクール」(日本香堂主催)の小学校高学年の部で、広田小6年の池本風和さん(12)=兵庫県南あわじ市=の作品が最優秀賞に輝いた。

 題材は近くに住む祖父池本周二さん(74)。周二さんは昨年7月に神戸大付属病院(神戸市)で大手術に臨み、その5日後の様子だ。風和さんは「おじいちゃん、ぐったりしてるかなあ」と心配しながら入った病室で、周二さんの元気な笑顔を見て描くことを決めた。顔のしわ、手のしみなど丁寧に表現。体中に医療用の管を付けながらも、孫の見舞いを喜ぶ温かな表情が印象的だ。

淡路の最新
もっと見る

天気(8月20日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ