淡路

  • 印刷

 兵庫県洲本市が東京・有楽町のビル内に1月に開設し、5月半ばから営業休止となっているアンテナショップ(拠点施設)「スモトのおべんと」について、市は運営を委託する事業者の公募を12日から始めた。

 市はこれまでに、特定の事業者と契約に向けて協議し、洲本市会6月定例会の一般質問では、7月中の再開を目指すことなどを答弁していたが、最終的に契約には至らなかったという。再開時期は8月以降にずれ込む見通し。

 公募では、手を挙げた事業者に企画提案書などを提出してもらい、審査を行う。委託は12月末までで、委託料は800万円、開設準備経費は上限200万円。手を挙げる事業者がない場合などは市直営も検討するという。市魅力創生課は「1日も早く再開させたい」とする。

 特産品などを販売するアンテナショップは、首都圏で好調なふるさと納税を背景に有楽町に開設。市の第三セクターに委託したが、提案事項が実施されなかったことなどを理由に契約を解除。5月13日から営業休止となっている。市はビル1階の一部を12月末まで借りている。その後は、東京で新たな場所を探して開く考え。(上田勇紀)

淡路の最新
もっと見る

天気(8月20日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ