淡路

  • 印刷
ラグビーを体験し、トライを決める子ども=国営明石海峡公園
拡大
ラグビーを体験し、トライを決める子ども=国営明石海峡公園

 夏休み初日となる20日、兵庫県淡路市の国営明石海峡公園で「第14回淡路市夏まつり」が開かれた。今年は淡路市がラグビーW杯日本大会の公認キャンプ地であると広めようと、ラグビー体験会を開催。屋台や打ち上げ花火などもあり、多くの家族連れなどでにぎわった。

 同市などでつくる実行委員会が毎年開催。芝生広場であったラグビー体験会では、ユニホームを借りた子どもらが、タックルやボールのパスを織り交ぜた全長約40メートルのコースを駆け抜け、最後には勢いよくマットに飛び込んでトライした。

 同市立学習小学校5年の男児(11)は「タックルが一番楽しかった。またラグビーをやってみたい」と話した。

 ほかにも、同市内の小学4年生47人が参加した模擬店「キッズあきんど」や、ポニーなどと触れ合える移動動物園などもあった。

(吉田みなみ)

淡路の最新
もっと見る

天気(8月19日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 50%

  • 33℃
  • 25℃
  • 50%

  • 34℃
  • 27℃
  • 50%

  • 33℃
  • 27℃
  • 50%

お知らせ