淡路

  • 印刷
ソーシャルデザインセンター淡路と淡路じゃのひれアウトドアリゾートが共同で開発したハモのつくだ煮(手前)とタイのそぼろ=南あわじ市阿万塩屋町
拡大
ソーシャルデザインセンター淡路と淡路じゃのひれアウトドアリゾートが共同で開発したハモのつくだ煮(手前)とタイのそぼろ=南あわじ市阿万塩屋町

 淡路島特産のハモが旬を迎える中、NPO法人「ソーシャルデザインセンター淡路」(兵庫県南あわじ市神代地頭方)と観光施設「淡路じゃのひれアウトドアリゾート」(同市阿万塩屋町)が、共同でハモのつくだ煮を商品化した。季節限定でしか食べることができないハモを、1年を通しておいしく味わえる。予約販売しており、同法人のウェブサイトなどでも購入できる。(高田康夫)

 県の異業種交流活性化支援事業に採択され、商工会を通じて助成を受けた。約2年前から魚を使った商品開発を計画。旬の季節にしか流通しにくいハモを、年間を通じて気軽に味わうことができないかと、料理家の協力を得て完成させた。

 真空調理器を使って骨ごと食べられるように仕上げ、味付けには朝倉サンショウなど兵庫県の地場産品をこだわって使う。つくだ煮と言えば、茶色いイメージだが、白いハモの身に緑色のサンショウが映え、涼しげな見た目に。しっとりした食感をサンショウが引き立たせ、白ご飯との相性はぴったりだ。

 これまで、じゃのひれが取り扱っていたタイのそぼろも同法人がアレンジし直し、ハモのつくだ煮とともに販売する。

 同法人は地域を応援するためのギフト商品の開発に取り組んでいる。引きこもりや障害者のメンバーらが仕事としてパッケージ作業などをする。同法人の木田薫理事長は「ハモの新たな食感をオールシーズンで楽しんでもらい、関東でも知ってもらうきっかけになれば」と話す。

 1袋80グラム。限定販売中はハモとタイのセットで3千円(税別)。今秋からパッケージなどにこだわり、本格販売を始める予定。予約は同法人TEL0799・42・0399

淡路の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 30℃
  • 26℃
  • 60%

  • 31℃
  • 25℃
  • 70%

  • 32℃
  • 26℃
  • 50%

  • 30℃
  • 26℃
  • 50%

お知らせ