淡路

  • 印刷
雨風をしのぐ避難者たち=洲本第三小学校
拡大
雨風をしのぐ避難者たち=洲本第三小学校

 台風10号の接近に備え、兵庫県の淡路島内3市は14日夜から15日早朝にかけて避難所を開設するなど対応に追われた。同日午後4時時点で71世帯101人が避難。島外を結ぶ航路は終日欠航し、同日夕には明石海峡大橋も通行止めになるなど影響が広がった。

 南あわじ市は午前9時に市内全域の1万9457世帯4万7203人に避難準備・高齢者等避難開始を発令。午後4時時点で8カ所に21世帯34人が避難した。

 正午ごろからは、同市内各地で停電が発生。関西電力によると、離島・沼島では午後4時時点で全島の約560軒が停電している。沼島市民交流センターの山見嘉啓センター長によると、避難所の沼島地区公民館には3世帯10人が避難しているが、エアコンが使えず窓を少し開けて蒸し暑さをしのいでいるといい「早く復旧を」と願っていた。

 洲本市も同日午前11時25分、市内全域の1万9836世帯4万3284人に避難準備・高齢者等避難開始を発令。同日午後4時時点で11カ所に34世帯45人が避難している。洲本第三小に身を寄せた女性(80)は「2004年の台風23号では家が浸水して結婚式の写真もだめになった。水は怖いと知ったし、あんな思いは二度としたくない」と話した。

 淡路市では、15日午後4時時点で市内8カ所の避難所に計16世帯22人が避難している。

 神戸淡路鳴門自動車道は強風のため、同日午前5時半から洲本IC-鳴門ICを通行止めに。明石海峡大橋も午後4時から通行止めとなった。(高田康夫、内田世紀、赤松沙和、吉田みなみ)

淡路の最新
もっと見る

天気(9月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 30%

  • 24℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 30%

  • 27℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ