淡路

  • 印刷
淡路潮崎温泉の泉源。南淡路温泉事業協同組合が引き継いだ=南あわじ市阿万西町
拡大
淡路潮崎温泉の泉源。南淡路温泉事業協同組合が引き継いだ=南あわじ市阿万西町
淡路潮崎温泉を利用する足湯「うずのゆ」。観光客でにぎわう=道の駅福良
拡大
淡路潮崎温泉を利用する足湯「うずのゆ」。観光客でにぎわう=道の駅福良

 兵庫県南あわじ市にある「淡路潮崎温泉」について、温泉を利用していた宿泊施設などが「南淡路温泉事業協同組合」を設立し、これまで所有していた建設会社「森長組」(同市賀集)から7月に泉源を引き継いだことが分かった。一方、南あわじ市が所有する「筒井温泉」は2年間利用されないままで、同市は来年度に廃止する方針を固めた。

 淡路潮崎温泉は、同市の温浴施設「ゆーぷる」(南あわじ市北阿万筒井)と道の駅福良(同市福良甲)の足湯のほか、市内6カ所のホテルや旅館、民宿が利用している。

 かつての水不足に対応するために井戸を掘削する設備をそろえた同社が、温泉の掘削を試みたところ湧き出し、2000年に温泉として許可された。

 同社は設備改修などに費用がかかっても「地域貢献」として泉源を維持してきたが、本業とは全く異なる業務で、「貴重な観光資源となる温泉を、今後も有効に使ってもらいたい」と引き継ぎを打診。利用するホテルなど8施設が同組合をつくり、同社から土地や設備を買い取ることになった。

 泉質はナトリウム炭酸水素塩温泉で、「ぬるっとしていて肌にまとわりつくようだ」などと客の評判は上々といい、同組合理事長を務める老舗料理旅館「やぶ萬」(同市福良乙)の榎本紘一良社長(78)は「『この温泉がなければ商売できない』との声もあった。今後も長持ちするよう大切に使っていく」と話す。

 一方、旧南淡町が掘削した筒井温泉はゆーぷるで利用されてきたが、ポンプの故障などでたびたび止まり、17年8月から使われないまま。ゆーぷるは淡路潮崎温泉を利用しており、筒井温泉は湧出量も少なかったため、同市は廃止する方針を決めた。来年度に埋め戻し工事をするという。

 南あわじ市内の泉源はほかに、うずしお温泉▽南淡温泉▽三原温泉▽サンライズ温泉▽南あわじ温泉-の計7カ所あるが、筒井温泉が廃止されれば6カ所となる。(高田康夫)

淡路の最新
もっと見る

天気(9月24日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 30%

  • 24℃
  • 20℃
  • 60%

  • 28℃
  • 22℃
  • 20%

  • 28℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ