淡路

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
洲本市役所=洲本市本町3
拡大
洲本市役所=洲本市本町3

 兵庫県洲本市は、市内に約250施設約600棟ある市保有の公共施設について、統廃合や存続方針を盛り込んだ「個別施設計画」を来年度末までに策定する。多くが高度経済成長期に建てられ、施設の4割が築30年以上たち、老朽化が進む。すべてを改修・建て替えれば今後30年で約748億円が必要という。市は「人口減少が進む中、すべては残せない。判断に向けて市民の意見を聞きたい」とし、ホームページでアンケートを実施。検討委員会の市民委員も公募している。(上田勇紀)

 2006年に旧洲本市と旧五色町が合併したが、施設の統廃合はあまり進んでいない。公民館や図書館、学校、市営住宅など、全施設の延べ床面積は約29万平方メートルで、市民1人当たりの保有面積に換算すると全国平均の2倍程度に上るという。

 市は16年に公共施設の総合管理計画を策定。公共施設の4分の1が旧耐震基準の建物で、今後20年以内に全体の7割が大規模改修や建て替えの時期を迎えるとした。市道や橋などのインフラを含めれば、今後30年間の改修・建て替え費用はおよそ1242億円に膨らむ。改修などが追いつかなければ、災害時に崩落や倒壊の危険性が高まる。

 このため、市は10月にも、有識者や市民ら15人以内で公共施設の再編整備検討委員会を立ち上げる。それぞれの施設の統廃合や存続、サービスの転用などに向けて意見を聞き、20年度末までに個別施設計画をまとめる。市財務部は「統廃合は市民サービスの低下にもつながりかねない。利用率や老朽化の度合い、類似施設が近くにあるかどうかなどを考えて、判断していきたい」としている。

 市は方向性を検討する基礎資料として、市ホームページで今月9日までアンケートを実施中。また、市在住の20歳以上を対象に、検討委員会の委員を2人程度募っている。期間を延長し、13日までに申し込みが必要(審査あり)。詳しくは市ホームページに掲載。市行革推進室TEL0799・24・7627

淡路の最新
もっと見る

天気(10月20日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ