淡路

  • 印刷
多くの人が見学する中、オールをこぐ出場者=洲本川
拡大
多くの人が見学する中、オールをこぐ出場者=洲本川

 2004年の台風23号で大きな被害があった洲本川の復興を記念するボート競技大会「洲本川レガッタ」が8日、兵庫県洲本市の洲本川河口付近で開かれ、高校生から社会人まで50チームが参加した。

 洲本高、洲本実業高、蒼開高の各校ボート部OBらでつくる実行委が2011年から始め、9回目。高校生15チーム、一般35チームがエントリーし、1人こぎの「シングルスカル」、2人こぎの「ダブルスカル」など4種目で競った。

 一般には、ボートの経験がない社会人チームも参加。事業所の名前を掛け声にしたり、かぶり物をして特産品をアピールしたりしてレースを楽しんだ。

 レース前には小中学生を対象に試乗会も実施。この日は11人がボートに乗り込み、高校生からこぎ方を教わった。加茂小3年の男児(8)は「自分でこぐことができて楽しかった」と話していた。(高田康夫)

淡路の最新
もっと見る

天気(9月20日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 40%

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ