淡路

  • 印刷
グランプリに輝いた菅優子さん(前列左から2人目)ら出場者=国営明石海峡公園
拡大
グランプリに輝いた菅優子さん(前列左から2人目)ら出場者=国営明石海峡公園
「淡路なるとオレンジを使った牛丼ライスバーガー」
拡大
「淡路なるとオレンジを使った牛丼ライスバーガー」

 兵庫県淡路島産の食材を使ったおにぎりのアイデアを競う「第9回淡路市具-1グランプリ」が3日、同市の国営明石海峡公園であった。入場者約300人が11品を試食し、気に入ったおにぎりに投票。グランプリには50票を獲得した同市の主婦菅優子さん(42)の「淡路なるとオレンジを使った牛丼ライスバーガー」が選ばれた。(内田世紀)

 地域の特産物をPRしようと、同市が2011年から続ける。過去8回の優秀作品の中から18点が商品化され、関西圏のコンビニエンスストアで販売された。今年は270点の応募があり、書類審査で11作品が決勝に進んだ。

 会場にはタマネギやタコ、シラスなどを使い工夫を凝らしたおにぎりがずらり。入場者は一つ一つ味わい、投票用紙に見立てた紙皿を各作品の投票箱に入れた。

 「オレンジのジャムと牛肉のハーモニーが絶妙」と評価された菅さんは、「島で人気の牛丼とバーガーからイメージした。グランプリを狙っていたのでうれしい」と喜んだ。

淡路の最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 14℃
  • 5℃
  • 10%

  • 14℃
  • 0℃
  • 0%

  • 15℃
  • 4℃
  • 10%

  • 14℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ