淡路

  • 印刷
ヘラクレスオオカブトの説明を受ける参加者ら=国立淡路青少年交流の家
ヘラクレスオオカブトの説明を受ける参加者ら=国立淡路青少年交流の家

 科学や天文、生き物、美術など、多彩な分野で子どもたちが工作や遊びを体験できる「ミュージアムキッズ!全国フェア2019淡路」が9日、兵庫県南あわじ市阿万塩屋町の国立淡路青少年交流の家で始まった。全国約50の博物館などが参加し、兵庫県内では初開催。専門知識を持った学芸員らが、子どもたちに貴重な体験を提供した。10日まで。(吉田みなみ)

 東日本大震災で被災した子どもたちが安心して学び、楽しめる場を作ろうと、2011年に全国の学芸員らがつくった「こどもひかりプロジェクト」の主催。東日本以外にも活動を広げ、15年からは年1回、各地でフェアを開いている。

淡路の最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 14℃
  • 5℃
  • 10%

  • 14℃
  • 0℃
  • 0%

  • 15℃
  • 4℃
  • 10%

  • 14℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ