淡路

  • 印刷
竹灯籠の明かりが優しく照らし出す会場(淡路県民局提供)
拡大
竹灯籠の明かりが優しく照らし出す会場(淡路県民局提供)
竹灯籠の明かりが優しく照らし出す会場(淡路県民局提供)
拡大
竹灯籠の明かりが優しく照らし出す会場(淡路県民局提供)

 里山の夜を竹灯籠の優しい明かりが照らし出す「淡路島竹灯籠~晩秋から初冬 幻想のあかり~」が16~30日にかけて、兵庫県淡路島内6地区である。暗闇の中、柔らかな光が遺跡や棚田、紅葉を浮かび上がらせ、幻想的な世界が楽しめる。

 地域活性化に取り組む淡路市の五斗長、摩耶、生田、長澤、柳沢の5地区と洲本市五色町の鮎原下地区が連携し、各地域を盛り上げるイベントとして企画した。灯籠には、過剰繁殖が社会問題化している竹を活用する。2016年から毎年開き、人気の催しとして定着しつつある。

 今回も、各地区が集落に生えている竹を伐採して灯籠を用意。光源は発光ダイオード(LED)を使った。棚田の段差や遺跡との対比など各会場の特長を生かした配置も見どころ。

 各会場とも観覧無料。それぞれ近隣に20~50台分の駐車場がある。(赤松沙和)

【会場一覧】

(1)五斗長「竹灯籠で浮かび上がる弥生時代の鍛冶遺跡」 16日午後5時半~同9時/五斗長垣内遺跡(淡路市黒谷1395の3)

(2)鮎原下「新たな竹灯籠」 21~24日夕刻~夜明け/古民家「ついどはん」付近の棚田(洲本市五色町鮎原下511)/菜種油の実演販売

(3)長澤「もみじを照らす竹灯籠」 23日午後5~8時/東山寺境内(淡路市長澤1389)/ジネンジョの販売

(4)生田「戦国をしのぶ備中館跡のあかり」 24日午後5時半~同9時/そばカフェ生田村周辺(淡路市生田畑152)/ミニそばのふるまい

(5)摩耶「摩耶のあかり」 27日午後6~9時/鷲峰寺参道(淡路市野田尾1064)/摩耶ごぼう茶のふるまい、地場野菜の販売

(6)柳沢「棚田のあかり」 30日午後5~9時/みか谷池付近の棚田(淡路市柳沢丙93)/米粉団子、しょうが湯のふるまい

淡路の最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 14℃
  • 5℃
  • 10%

  • 14℃
  • 0℃
  • 0%

  • 15℃
  • 4℃
  • 10%

  • 14℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ