淡路

  • 印刷
竹内市長から花束を受け取る朝原さん(右)=洲本市役所
拡大
竹内市長から花束を受け取る朝原さん(右)=洲本市役所

 第21回アジアマスターズ陸上競技選手権・男子400メートルリレーの45~49歳クラスで、日本チームの一員として世界新記録を達成した朝原宣治さん(47)が12日、兵庫県洲本市役所を訪れた。竹内通弘市長から花束を受け取った朝原さんは「おっちゃんでもできる。子どもも頑張れ」と、島内の子どもたちにエールを送った。

 朝原さんは、2008年の北京五輪男子400メートルリレーの銀メダリスト。陸上競技の普及に努め、洲本市では「アスリートネットワークinすもと実行委員会」(事務局・洲本市教育委員会)の取り組みに加わり、子どもたちに走り方の基本を教えるなどしている。副部長を務める大阪ガス陸上競技部が毎年この時期、同市内で合宿している縁もあり、表敬訪問が決まった。

 マレーシア・クチンで6日に開かれた大会で、アンカーとして力走した朝原さん。チームは43秒27で20年ぶりに世界記録を更新した。「手本となる素晴らしい活躍で、うれしい限り」と笑顔を見せる竹内市長に、朝原さんは「子どもだけでなく、中年、高齢者にもスポーツに親しんでもらういい刺激にしてもらいたい」と語った。(上田勇紀)

淡路の最新
もっと見る

天気(4月5日)

  • 15℃
  • 8℃
  • 20%

  • 12℃
  • 5℃
  • 50%

  • 15℃
  • 8℃
  • 10%

  • 14℃
  • 7℃
  • 30%

お知らせ