淡路

  • 印刷
赤ちょうちんで浮かび上がる「ネドシダ メダルダ ワンチーム」の文字=洲本市五色町下堺
拡大
赤ちょうちんで浮かび上がる「ネドシダ メダルダ ワンチーム」の文字=洲本市五色町下堺

 ちょうちんの明かりで来年の干支「子」にちなんだメッセージを描く「赤提灯大文字」の点灯が23日夜、兵庫県洲本市五色町下堺の「みたから公園」で始まった。公募で決定した「ネドシダ メダルダ ワンチーム」の文字が、約160個の赤ちょうちんで照らし出されている。1月3日まで。

 地域住民でつくる「堺活性化委員会」が1999年から毎年実施。今年は島内から239点の応募があり、同市立堺小2年西尾安生君の作品が最優秀賞に選ばれた。優秀賞には、同市立五色中2年前川拓海君の「レイワニ ヒビケ ネドシノ イノリ」、同市の芋畑正明さんの「レイワノキボウ ゴリンニヨセテ」が選ばれた。

 ちょうちんは同委員会のメンバーら約20人が高さ5メートル、幅37・5メートルの枠内に、約4時間かけて取り付けた。点灯は午後5~10時。大みそかから元日にかけては、朝8時ごろまで夜通し点灯する。(赤松沙和)

淡路の最新
もっと見る

天気(2月25日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 70%

  • 14℃
  • ---℃
  • 80%

  • 15℃
  • ---℃
  • 80%

  • 13℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ