淡路

  • 印刷
さい銭を勘定する淡陽信用組合の職員=伊弉諾神宮
さい銭を勘定する淡陽信用組合の職員=伊弉諾神宮

 初詣の参拝客が投げ入れたさい銭を勘定する「叺開き」が6日、兵庫県淡路市の伊弉諾神宮であった。同神宮によると、正月三が日の参拝客は過去最多の計約16万人。5日まででは約20万人に達したという。さい銭の総額は公表していないが増加したとみられる。

 勘定を担当したのは淡陽信用組合郡家支店の職員で、午前9時に神職からおはらいを受け開始。社務所の床にブルーシートを敷き、麻袋などに入ったさい銭を広げて作業した。

淡路の最新
もっと見る

天気(12月3日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ