淡路

  • 印刷
入団発表で、オリックスのユニホームに袖を通す村西良太投手(前列中央、デイリースポーツ提供)
拡大
入団発表で、オリックスのユニホームに袖を通す村西良太投手(前列中央、デイリースポーツ提供)

 淡路島(兵庫県)の野球ファンの期待を背に、プロ生活をスタートさせるオリックス・バファローズ村西良太投手。インタビュー最終回は大きく成長した大学時代や、島を離れて分かった淡路の魅力などを語ってもらいました。(聞き手・内田世紀)

 -津名高卒業後、近畿大を選んだきっかけは

 「五つの大学から誘いを受けましたが、大学の知識がなくて近大も知らなかったんです。調べてみたら近大が最も近かった。でも一番は、やっぱり高く評価してもらったことです」

 -近大は関西学生野球連盟ですね。公式戦出場はいつからですか

 「1年の秋から中継ぎとして投げました。高校時のけがも完治して調子が良く、球速は149キロまで出るようになりました。この頃からプロに行けるかも、という気持ちが起こってきました」

 -3年秋のリーグ優勝で頭角を現しました。何かきっかけがありましたか

 「正直、2年まではあまりやる気を見せていなかったんです。周りは名門校から来たすごい選手が多かったですし。でも3年になって『そろそろやらなあかんな』と。卒業後のこともありますし、意識を変えました」

 -具体的には何を変えましたか

 「プロに行く目標をしっかり持ちました。まずは食事を変えて夏から秋にかけて体重を8キロ増量。同時に筋力も鍛えたら球速も152キロまでアップしました。迎えた秋のリーグでは少し体が重かったですが、じきに慣れて力を発揮できました」

 -プロのスカウトの目にも留まりました

 「4年では先発を任されました。先発要員が少なかったせいもありますが。この頃からプロ入りが現実味を帯びてきました」

 -ドラフト当日の思いとオリックスの印象は

 「指名はされると思っていましたが、名前を呼ばれてほっとしました。オリックスは若い選手が力を発揮して、チームを引っ張っている印象。それだけに、自分にも活躍するチャンスはあると思っています」

 -淡路島のことを聞かせてください。大学で初めて島を離れましたが

 「淡路島の人は優しいと気付きました。都会の人の人間関係は厳しい。人当たりの強さを感じました。淡路の人はおおらか。自分もよく『のんびりしている』と言われました」

 -一昨年の夏の甲子園は淡路島出身の選手が6人もいました。なぜ野球選手が育つのでしょう

 「自然が豊富で砂浜や山道を走ったり遊んだりするから、自然と体が強くなる。指導者も質が高く、保護者も野球に熱いです」

 -プロでは淡路島をアピールしますか

 「近本光司選手(阪神)も活躍してますし、島を知ってもらういい機会です。方法はじっくり考えます」

 -プロでの目標は

 「開幕1軍で1年間、けがなく投げること。自分の中では中継ぎをイメージしています。ペース配分を気にせず、短いイニングで力を出し切るのが持ち味だと思っています」

 -島の野球少年にメッセージをお願いします

 「子どもの時に目立つことがなくても、何かのきっかけで大きく変わることがあります。自分はマイペースと言われるけど、やるべき練習はしっかりとやってきました。誰にでも可能性があります。その可能性を無駄にしないよう頑張ってほしいです。あと、力のある中学生が島外の高校へ行くことも多いですが、島に残ってもプロの夢はかなう、と思ってほしいですね」

淡路の最新
もっと見る

天気(7月10日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

  • 29℃
  • ---℃
  • 80%

  • 28℃
  • ---℃
  • 70%

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ