淡路

  • 印刷
美容師にカットしてもらう沼島の住民ら=沼島総合センター
拡大
美容師にカットしてもらう沼島の住民ら=沼島総合センター

 神戸市内で美容室を営む会社が昨年10月から、兵庫県南あわじ市の離島・沼島で、1日限定の「チャリティー美容室」を始めた。沼島では約30年前に理髪店がなくなり、島外で散髪するしかないが、高齢化が進んで外出が難しい住民もいる。父親が沼島出身のスタッフによる提案で実現し、住民らも喜んでいる。

 神戸市内で美容室4店舗を営む「和樂」。もともとボランティア団体で、起業して美容室を始めたといい、高齢者福祉施設や学校などでチャリティーカットに取り組む。

 西区の店舗で店長を務める海口裕さん(37)は父親が沼島出身。昨夏、約10年ぶりに墓参りで訪れた際、高齢化が進む島の状況や散髪できる店がないことなどを知り、社内で提案した。

 18日には3回目のチャリティー美容室を沼島総合センターで開催。子どもから高齢者まで次々と訪れ、髪を切ってもらったり、ハンドマッサージを受けたりした。漁師の男性(72)は「夏場は自分で丸刈りにできるが、冬はそうもいかないので助かる」

 今後も定期的に開催予定で、海口さんは「たくさんの人に来てもらい、スタッフと話をして楽しく過ごしてもらえれば」と話す。(高田康夫)

淡路の最新
もっと見る

天気(9月25日)

  • 25℃
  • 21℃
  • 80%

  • 22℃
  • 19℃
  • 80%

  • 24℃
  • 20℃
  • 80%

  • 24℃
  • 21℃
  • 70%

お知らせ